第37回  “通称ウニ”

 
2006 年


        緊急全国手配!

姓名     アベ・ウニ
人種     猫科、イエネコ
性別     牡
年齢     五ヶ月と十日
出生地    愛媛県松山市

外観・特徴  体重三・五キロ。特に胴長。
         全身象牙色で、両耳・手足の先
         ・顔面中央部・睾丸のみ濃褐色

尻尾     全長二十四センチ、薄茶の横縞

人相     お公家眉。喜怒哀楽に従って千
        変万化、よって人相書き作成不
        能。

性格    人見知りせず、初対面の犬にも
        サディストの編集者にも、人懐
        っこい。同居人仕込みの女たら
        しで、既に同居人の妻とタダな
        らぬ仲。
        生後五ヶ月にしては奸智に長
        け、ヤバイことが発覚すると、
        とりあえずトボケて素知らぬ振
        りを決める。

犯罪事実  同居人の安部譲二コト直也(漫
        画原作者六十九歳)を、引っ掻
        き、噛みつき、再三に渡って体
        当たりを喰らわせ、全治二ヶ月
        の重傷を負わせた。

目撃者供述
       A(三十八歳、男、編集者)
       “同居人の安部さんは、純粋の
        シャム猫だと言いますが、尻
        尾が横縞のシャムなんてペッ
        トショップでは売っていませ
        ん。ウソに決まってます”

       B(五十歳、女、税務事務所)
       “ウニはいつでも奥さんの急所
        にじゃれて、ゴロゴロ言って
        ます。あれはタダの仲ではな
        いと、誰が見たって分かりま
        すよ”

       C(四十四歳、男、獣医)
       “十一月初旬に去勢手術をする
        ことになってました。捕まえ
        たら、すぐキンタマを摘出し
        ます”

       D(年齢不詳、老人、三味線屋)
       “なに。逃げたぁ。捕まえたら
        すぐ三味線にしてやる”

特記事項  当該イエネコ、通称ウニは未だ
        童貞につき、牝猫を囮にしても
        逮捕困難と思われる。

    阿佐ヶ谷南警察署。捜査マル暴

 



「お巡りさんッ。いました。ウニは私が脱いだパジャマのズボンの中で、眠りこけていました。お騒がせして申し訳ございませんッ」