第136回 『参院選前夜』

参院選が近づいたのに、俺はまだ誰に投票するか決め兼ねている。投票所の小学校は石を投げれば届く距離なのだが、何とも行く気がしない。
三度のメシより選挙が好きな俺が、なぜ今回の参院選には、こんなにもノリが悪いのか。原因は分かっているから、“ノリが悪いのか”の後に?マークは付けない。
俺は自民党に愛想が尽き果てたから、前回の衆院選での政権交代を喜んだ。正義と誠実、それに思い切った改革を期待してもいた。
それから十ヶ月、鳩山由紀夫は脱税がバレ、稚拙な政権運営に終始し、菅直人に総理は代わったが、権力者になったのが余程嬉しいのか、この男はエヘラエヘラするばかりで、一番大事な信念がない。親分がその程度だから子分の大臣はカスばかりだ。相撲協会の理事長代理に元検事を据えた文部大臣なんて、大バカ野郎だ。
女柔道家を立候補させた小沢一郎は、三十年前の自民党のセンスで、有権者を舐めている。谷亮子を比例代表区に立候補させるのに、誰も反対しなかった民主党の連中に俺は呆れ返った。

俺は以前、竹下登や青木幹雄それに森喜朗なんて詰まらない政治家が権力を握るのを見て、「日本はアメリカに滅ぼされかかったが、今度こそ早稲田大学雄弁会に滅ぼされる!」と言ったのだが、読者の反応は無かった。
俺はもう一度「油断するな!松下政経塾は小悪党養成所だ!」と叫ぶ。松下政経塾出身の若い政治家は、東大出の役人や自民党の秘書上がりの連中と似た匂いをしている。俺の鼻はシェパードや麻薬犬より利くんだ。
俺も若い時分、恥ずかしいことや悪いことを数限りなくやったのだから、あまり大きなことは言えないが、あの連中は小利口で弁は立ってもパフォーマンスだけで、肝腎な信念と勇気がない。
俺は菅直人や小沢一郎が嫌いだから、今度の参院選では民主党に投票しないと決めている。民主党は女柔道家を比例代表区に立てて、多分当選するだろうが俺の一票は失った。

内閣機密費をどさくさで二億五千万円盗んだ自民党の河村某も、自民党時代に一緒になってその機密費を懐にして涼しい顔をしていたマスコミのコソ泥どもも、みんな懲役に叩き込め。ついでに小泉純一郎と竹中小僧も実刑判決を喰らわせろ!
平沼赳夫は誠実で勇気のある政治家だと思っているが、残念なことに年を取り過ぎた。渡辺喜美の性根はまだ掴みきれない。今度の参院選は、俺は共産党に入れる。


目次へ戻る