第107回 『嫌いな奴が増えて困った』

これはホームページだから書ける話だ。若い頃は好きな人や惚れる人の方が多かったのに、歳を取ると嫌いな奴、顔も見たくなければ声も聞きたくない奴が増える。
古稀を過ぎて出無精になった俺は、人との接触が驚くほど少なくなった。酒場にもレース場にも滅多に行かないし、仕事で会う人は限定されている。地上波のテレビは見ないし、朝日や読売といった大新聞は、肝腎なことは書かず、権力者への批判は避ける先天的な体質を持っているので、取ってはいるけど余程ヒマな時に見る程度だ。
それでもイヤな奴と嫌いな野郎は、日々増え続けて留まるところを知らない。
俺は権力に媚びる奴と、尊大で横柄な奴がヒグマやホホジロザメと同じぐらい嫌いだ。こんな人外は絶滅してしまえと、心の中で思っている。
女は、美しくなくて姿もよくなければ、ほとんど何の値打ちも無い。せめて心根が良いか余程の才能が無ければ、俺にはもはや無縁の衆生だ。
昔から俺は、男も女も、敵と味方、普通の人の三種類に分類しているのだが、歳を取って付き合いが少なくなると、味方が減って敵ばかり増える。
味方というのは、昨日今日の付き合いでは出来ない。互いに信頼を置けるようになるまで心を開くには、どうしたって時間が必要なのだ。でもこの歳になるとイヤな奴は瞬間的に分かる。
世の中の爺婆も俺と同じじゃないだろうか?
時間の流れ方が自分の体内時計と違う。言葉の使い方が違う。価値観が違う。流儀と習慣が違う。俺も含めて年寄りは被害妄想的なところが多分にあるが、いろんな瞬間に世間とのズレをひしひしと感じ、それが嫌悪や憎悪になる。そうしてひねくれ爺ぃや怒りんぼ爺ぃ、意地悪婆ぁや身勝手婆ぁになるのだ。

そして、これが本当に辛いトコなのだが、嫌いな奴を嫌いだと、顕わにするのが躊躇われるようになった。老い耄れた俺は、心がイジけて萎んでしまったのか。
そんな手合いのことは、酒場でも言えないから、段々腹に溜まって人相が悪くなるし、足に魚の目も出来てしまう。
魚の目はイオノメと読む。NHKのアナウンサーまでウオノメと発音するのに、俺は腹を立てている。
ついでに言うと、これはNHKのアナウンサーが始めて、民放各局にインフルエンザのように伝播したのだが、「人たち」とか「方々」とアナウンスするべきところを、いつから偉そうに「……ら」と言い出したのか。
「小沢一郎と二階某ら」と言うのは、軽蔑すべき手合いだから当たり前だが、味噌もクソも一緒にして、「……ら」を連発するアナウンサーは、上司と教師それに親の顔が見てやりたい。「……ら」は蔑称だ。「ナベツネら三人の一行は」と言うのはいいが、「天皇陛下ら」とは言わないだろう。違うか?
俺の人相があまり良くないのは、若い頃の悪行の報いだからどう仕様もないが、日々腹に溜まる嫌悪はホームページに吐き出すしか手がない。 

十年くらい前まで俺は、勇気があったのか、あとさき考えないアホだったのか、いろんな媒体で嫌いな奴を名前をあげて罵ってきた。嫌いだと言ったり書いたりすれば、相手は必ず怒る。
ある権力ベッタリの高名な評論家なんか、パーティ会場で中に俺がいるのを見ると、入り口で回れ右して帰って行った。誰でも同じだ。黙って回れ右して帰って行くのは、喧嘩をしても勝てないと分かっているからで、血の気の多い勇敢な奴だったら、当然血を見ることになって、どちらか負けた方が地獄に行き、勝った方が監獄に入れられる。
他人が嫌いだと言ったり書いたりすることは、そんな危険を覚悟の上ですることなのだ。
だから卑怯で姑息になった俺は、ホームページに小さな字で書く。
今日のところは、小沢と二階に検察全員、それに最近まるでつまらなくなった「週刊新潮」と「週刊文春」の編集長とだけ書いておく。


目次へ戻る