第105回 『毒蛇、鱶、茨城三号』

怖いものは他人様と同じ“地震・雷・火事・オヤジ”だけど、嫌いなものはちょっと違う。
百足は平気だけど蛇は大嫌いだ。舌の先が二つに割れているのがゾッとするし、毒のある奴は俺にとって、ほとんど北の将軍様と同じレベルにある。
死ぬのは仕方のないことと諦めているけど、なぶり殺しにされるのと喰い殺されるのだけは御免だ。
ヒグマもライオンも嫌だが、鱶に喰われるのは思っただけで身の毛がよだつ。鱶のヒレは食べたくても我慢するし、熊の胃は要らないから、ヒグマと鱶は絶滅させるのがいい。
茨城三号というのは、昭和二十年代の不味い薩摩芋だ。農林一号も食用ではなく、アルコール原料だったのだとお百姓に聞いた。それをアルコールにしないで、蒸かして食べたのだから旨いわけがない。
俺は「昭和十八年から二十六年までの八年間で、一生に食べる四十八倍も二百五十六倍も、農林一号と茨城三号を食べたから、もう薩摩芋は食わない」と、金を払えばカツ丼でもハヤシライスでも、何でも食べられるようになった昭和三十年頃宣言したのだが、しかし最近の薩摩芋は驚くほど旨い。
十年ほど前に、女学生が食べていた石焼き芋を半分わけて貰ってギリで喰ったのだが、これが食道痙攣でも起こすかと思ったほど、ほとんど泉ピン子を見たあと宮浮おいチャンと会ったぐらいの違いで、ショックを受けた。俺が嫌いなのは、今では姿を消した農林一号と茨城三号で、今の旨い薩摩芋ではない。
そんなわけで、嫌いなものが一つ減って良かったと思うだろうが、どっこい人生は悩み多く出来ている。

歳をとると、嫌いなモノや人がどんどん増えるのだ。俺の顔は渋くなったと言えば誉め過ぎで、実は醜く歪んで彫りが深くなった。楽しいことや好きなことでは、皺は伸びない。
十五年ほど前に突然、朝日や読売といった大新聞とテレビが嫌いになった。
それと同時にキャスターと名前を変えたアナウンサーと、テレビに出るジャーナリストと称する有象無象に、目を背けるようになった。
権力に媚びへつらい、権力者になる可能性の薄い者にキツク当たる、田原総一朗が俺は大嫌いだ。
夜の九時五十四分から古舘伊知郎のニュース番組に出る、元アエラの編集長一色清にもイライラさせられる。この男は「…です」と言わずに、「…ではないでしょうか」みたいな曖昧な言葉を連発する。イライラが高じて俺が脳梗塞で死んだら、お前の所為だぞ。コノヤロ。

ふた昔前には熱狂した大相撲も、今では目の汚れでしかない。栃剣と舞の海が去って、土俵は険悪な面のモンゴル人が我がもの顔にのさばり続ける。
自民党はみんな下らない世襲の二代目や三代目で、ろくに字も読めないバカばかりだ。酔っ払って恥を曝した亭主に「ガンバレッ、日本一、大丈夫」と叫んだアホバカ女房は、皇后陛下の後輩、聖心だというのだから、開いた口が塞がらない。
政治家と官僚、それにマスコミと芸人には、いい奴が居たら、赤い雪が降るくらいのことだ。
有能とか無能を通り越して、極く当たり前の“いい人”が、これらの業界には滅多にいない。
息子を自分の跡目に据えた小泉純一郎は、悪い奴というより汚物だ。
ブッシュと小泉純一郎と茶坊主の竹中平蔵が、なぜ懲役に行かなくて済むのか、俺は不思議で仕様がない。
こんな具合に、薩摩芋は驚くほど美味しくなっても、次から次へと大嫌いなものが、新たに現れるから、おれの渋い顔は益々彫りが深くなる。


 

目次へ戻る