第102回 『巣籠もり正月』

このホームページは丸五年前から、女房殿の姉の息子、つまり甥のタツオが面倒を見てくれている。俺は原稿を書いてメールするだけで、あとは全てタツオがやってくれる。自分でアップするのは、“酒場の戯れ言”だけだ。
この“あんぽんたんな日々”も、今回で102回目なのだから、歳を重ねるのも哀しいことばかりじゃぁ無い。
若い頃はまるでウチの飼い猫のウニのように、何にでも熱し易く冷め易かったから、一つのことを五年も続けるなんて、いくら虎の子の小遣い銭を賭けても、そんな根気の要ることは出来なかった。
衝動的、反射的に生きてきて、ほんの十年前までは羆かハイエナみたいだった俺が、還暦を過ぎた頃にやっとモノを考えるようになり、更に爺い化が進んで古稀を過ぎると、臆病で穏やかな、どこにでもいるサマジィになった。俺は今や完全に、人畜無害な年寄りだ。
御先祖様の写真を見ると父方も母方も、みんな例外なく七十歳を過ぎると、痩せて針金細工の鶴みたいな爺様になるのに、なぜ俺だけ超人的にして非人道的なダイエットを連日しても、ちょっと気を抜くとすぐ93キロを超えてしまうのか。
七十過ぎると自動的に萎むと決めていたのに、俺だけそうならないのは、憲法にも常識にも反している。裁判所かそれとも区役所か、何処に言っていけばいいのか、俺には分からない。女房に言ったら、夕飯のオカズを半分にされた。

正月の二日にタツオが、綺麗な奥さんと可愛いくてとても機嫌がいい赤ちゃんと一緒に、夕御飯を食べに来た。たちまち俺はタツオを仕事部屋に引っ張り込んで、パソコンの不具合を直してもらう。
俺は“出会い系サイト”から覚えたパソコンだ。昼間は病院の看護士で夜は“非本番系の風俗嬢”だというメグちゃんとはメル友になったけど、パソコンの基本は何も知らないから、変な画面が出たり具合が悪くなったりすれば、もう機嫌が悪くなった女房と一緒でどうにもならない。
俺のデスクトップは、肝腎な時に狙い澄ましたようにトラブルが発生する。俺はイライラ病のカンシャク持ちだから、そのたびに発狂しそうになる。
これは電気屋であまり値切ったから、クレームで返品されたのを磨き直して、俺に売ったのではないかと、パソコンの機嫌が悪くなるたびに邪推する。
知識と技術を持たない俺は、邪推し続けてどんどん、ただでさえ悪い目つきが銀行員みたいになってしまう。日本、いや世界中で一番悪いのは、役人や政治屋だけではなくて銀行家なのだが、それを俺が言っても誰も頷いてはくれない。
タツオは、ものの三分も掛からずに俺のパソコンを直してくれた。タツオはマジシャンじゃない。ちゃんとした知識と技術を持っているから、造作なく俺のパソコンを機嫌良くしてくれたのだ。
正月早々改めて、知識と技術の大切なことを俺は思い知る。

オバカテレビでは、契約を打ち切られた派遣社員が、公園のテント村で炊き出しを食べる姿をセンチメンタルに報じている。ほんの三分遣えば、こんなことになったのは小泉純一郎と竹中小僧の所為だと喋れるのに、オバカテレビは肝腎なことは何も伝えない。
派遣社員は哀しい。俺が長くやったヤクザのサンシタと同じだ。要らなくなればキャノンでもトヨタでも、小金井一家と同じでボロ雑巾みたいに捨てる。
俺は何とか凌いで生き永らえたけど、それは終始、幸運に恵まれ続けたからだ。
それでも博打と喧嘩の技術だけで、パソコンの簡単な不具合も直せないから、カタギの端に連なるのが精一杯で、しがない売文稼業をしている。若い男は知識と技術をしっかり内に溜め込まなければ、大事にはされないし飯も食えない。

直し終わるとタツオは、俺のパソコンのお気に入りに“アンチ・ロスチャイルド・アライアンス”というサイトを入れてくれた。これは面白い。今年の正月は、これだけ見て過ごした。


目次へ戻る