第94回 『オリンピック北京大会』

八日から北京でオリンピックが始まる。
俺はオリンピックは、昔、夏に後楽園球場であった都市対抗野球大会や、極端に言えば秋になると方々の学校でやる運動会と同じようなものだと思っている。都市対抗は今でも、東京ドームでやっているらしいが、俺だけかも知れないが昭和三十年代にあった興味は、もはや全く無い。

運動会も自分ちの子供が出なくなれば、わざわざ重箱を持って出掛ける人はいない。俺なんかが出掛けて行って応援したりすれば、痴漢だと思われて刑事が張り付く。
オリンピックは、これのとんでもなく大掛かりなものだ。
俺より五つも年長の石原都知事は、もう一度、東京でオリンピックをやるんだと、血相を変えて息巻いている。きっと逗子や田園調布の小学校の運動会では、パン喰い競走に出るんだろう。

オリンピックは、世界一の選手やチームを決める為の大会ではない。ついちょっと前までは、アマチュアの競技会だった。だから俺の知っているだけで、ボクシングもサッカーも、それに野球も、世界超一流の選手もチームも出場しない。
野球はアメリカが、マイナーリーグの選手でチームを作って出て来るのに、日本は一流のプロ選手を選りすぐって、“ホシノ・ジャパン”とか称して北京に押し掛ける。石原都知事か、サメの脳味噌と軽蔑される森喜朗を応援団長にして、日の丸の旗でも振らせればどうだ。
そうは言っても、俺はせいぜいビヤホールか焼き鳥屋に行くぐらいで、暑い夏は家に籠もって“夏籠もり”を決めているから、オリンピックが始まれば最初から最後まで必ず見る。スポーツが好きだということもあるが、要するに暇だからだ。

選手や役員、それに監督やコーチが、テレビカメラに向かって、“日本の為に”とか“国民の期待に応えて”なんてホザクたびに、俺は血圧が上がる。血管が破裂してあの世へ行ったら、お前たちの所為だ!化けて出るぞ。
勝てる可能性がある選手やチームは、“お国の為”と時代がかった決まり文句を言い、予選で負けるのが分かっている連中は、“参加することに意義が……”と、オームか九官鳥みたいに言う。
こうしている瞬間にも、アフガニスタンやイラクでは、人が空しく命を落としているんだぞ。
頭の中が自分の出場する競技と、成績だけなのに、俺はいびつなものを感じて嘆息する。
お祭りか運動会の延長線上にあるんだから、気軽に楽しくやればいい。肩と頭に血が昇り過ぎると、ただでさえ悪い脳味噌が腐っちまうぞ。
大変な税金を費やして役員と選手たちを北京に送る日本を、祖国に持った幸せだけを忘れないで、いい試合をしてくれれば俺は充分だ。少なくとも、メダルの色なんか少しも気にしていない。
変に気張って、眼を三角にするスポーツバカがいると、ますます暑苦しくて仕方がないんだ。


目次へ戻る