第78回 『嫌れぇだ。でぇっ嫌れぇだ』

普通は歳を取ると人間が出来るのだそうだが、俺に限って、まるで逆だ。古稀を過ぎて、俺は益々我慢が利かなくなった。
テレビのCMが映った途端に、目をそらして「五十、八十、喜んでなんて、ヌケヌケと言うんじゃねぇ。バカヤロ。保険屋が喜んで払うわけがねぇだろうよ」と、毒づいたりする。
ついちょっと前までは、このCMに出ている役者を、「この歳で、こんなCMの話が来たら、俺だって断ったり出来るもんか」なんて同情していたのに、今は嫌いもただの嫌いではなく、大ッ嫌いなのだ。
好きなタレントは、ソニン、上戸彩、滝クリに木村佳乃、中谷美紀だけで、あとは嫌いな人や物ばかりなので、俺はあまり表にさえ出ない。この夏もずっと、夏籠もりと称して家に籠もっていた。
女房と飼い猫のウニは、俺がほとんどひと夏、家に居っきりだったから、さぞ迷惑だったろうが、これも渡世の義理だから我慢しなければいけない。
女房は俺より十六年も若いし、ウニに至っては七十年も若いのだ。若い者は、年寄りを敬い、大事にしなくてはいけない。俺だって若い頃は、ずっと年長者に堪えて過ごしたのだ。
好き嫌いぐらいは言わせてくれ。これまで控えて言わずに来たから、腹が膨れて、それでメタボリック症候群になってしまった。

俺は地上波のテレビと、朝日新聞と読売新聞が大嫌いだ。毎日と産経と日経は、あることは知っているけど、手にとって広げたことはほとんどない。
テレビと朝日・読売が煽り立てる政治屋は、みんな大大、大嫌いだ。自民党で許せるのは平沼赳夫だけで、民主党の小沢一郎も、いつの間にか三十億円も政治で儲けたのを、テレビと朝日・読売は読者に教えない。
こいつらは、俺が子供の頃からずっと、権力者の手先で本当のことを伝えなかった。
俺はNHKと朝日新聞が煽り立てるまま、戦争がもう五〜六年続いていたら、少年戦車兵になって、“シコノミタテ”になっていたのに違いない。NHKとマスコミ、それに教師には、負けた戦争のオトシマエがまだ付いていないんだ。

俺の情報源は「日刊ゲンダイ」と、出版社系の週刊誌にインターネットの「2ちゃんねる」だけで、他には手が回らない。
テレビはCSチャンネルだけだが、ヒストリーチャンネルの翻訳がお粗末なのには、本当に腹が立つ。
最近の旅行ガイドブックのレストラン案内は、出鱈目でお粗末過ぎる。特に日本食屋は何処でもみんな誉めるのは、ライターがタダで喰わせて貰っているからに違いない。
パリでもロンドンでも日本食が不味過ぎて、俺は脳梗塞寸前だった。
ラスべガスではウエイトレスが滝クリにクリソだったから、飯は非道かったけど、デレデレしていて腹は立たなかった。
ガイドブックのレストラン案内がいい加減なのは、海外だけではない。
ろくに旨い飯を喰ったことがない小僧や娘っ子に、記事を書かせる奴は、地獄に行け! 
戦争は絶対にしてはいけないものだというスタンスに立たない奴には、男でも女でも若くても老い耄れでも、みんな腹が立つ。
はっきり言わずに曖昧なことばかり言う奴には、拳銃があれば顔に撃ってやりたいと思う。
「……と、思います」を連発する奴とは、口を利くな。

あぁ、俺は朝から晩まで腹が立ちっ放しだ。 
こんな俺を嫌いな人も大勢いると、この歳だから知らないわけじゃない。大嫌いな人も四人や五人ではないと知っている。
いいんだ、ほっといてくれ!女房とウニが我慢していてくれれば、なんとか無事に日が過ぎて行く。


目次へ戻る